会社設立の基本手続き

会社設立代行は、個人での申請では到底まかないきれないほどのプラスアルファがあるようです。会社設立の基本的手続きについて説明します。自分自身で法務局に書類を提出する際には、定款に関する手数料や印紙代・登録免許税などの費用がかかります。

定款とは、これから立ち上げる会社の組織図ともいえるものです。どのような会社なのか基本的なことや運営について細かく記載されます。事業内容に株主などこの定款にて定めるわけです。自分の会社を興す土地の管轄法務局にて定款認証の手続きをします。そして公証役場において公証人が書類を確認します。

定款に承認が下りれば、設立に関する書類を法務局に提出をして登記申請が行われます。このときに登記免許税がかかります。この額は一律ではなくて、資本金の1000分の7と定められています。大規模な会社設立をお考えであれば、その時点でかなりの金額が発生してしまいます。しかし、1000分の7で計算した場合に、その金額が15万円以下であれば、登録免許税の額は、15万円となります。

それでは会社が無事に設立したとして、会社を開くための場所を借りたりする場合には、最初に作成した謄本の提出が求められるでしょう。印鑑証明も必須です。それらの証明書発行手数料も念頭に置きましょう。

Writen by 管理人