会社設立代行依頼とは

会社を設立するためには、さまざまな書類を用意して、法務局に提出することで初めて会社設立できるのですが、これが意外に大変です。会社設立のためには、定款認証印紙代・登録免許税を収める登記をすることが大前提で、会社を設立することやそれにまつわる多くの事柄を決めて公示する必要があります。

例えば、商号、株式に関するものですが、それらの項目が登記簿に掲載されることで、取引相手は閲覧します。顧客やクライアントが納得のいく結果が得られれば、その後の円滑かつスムーズな取引が行われることでしょう。それでは、個人で登記する場合と代行者を立てる場合において、大きな違いはあるのでしょうか。

会社設立料金は、印紙代や登録免許税など個人で登記した場合、およそ24万円前後だと考えられています。それでは、代行依頼ではどの程度の料金が発生するのか調べましたが、個人申請とほぼ同額の25万円前後であることが多いようです。

いろいろな手続きを自分たちだけで処理することも、いい経験かもしれません。自分たちの達成感も得られるかもしれません。しかし、書類の作成に時間がかかり過ぎてしますことや、書類の不備により提出の見直しなどが発生することが度々あるようです。もちろん、時間がたっぷりとあるのでしたら構いませんが、やはり面倒くさいと思うことになるようです。会社設立料金にさほどの違いがないのであれば、ここは、迷わず「会社設立代行」を選ぶべきでしょう。

Writen by 管理人