税理士に頼むメリットは

会社設立においては、税理士など政務のエキスパートに依頼することで、手続き費用が安く抑えることが可能になります。一般的に発生する費用も高値ではありませんが、手続き代行をすることで定款に貼るための収入印紙代が0円で済むことが多いようです。もちろん、タダで0円になるのではないことを理解しましょう。

これは、会社を設立した後に必ず役に立つであろう税理士を会社の顧問にすることが大前提です。会社の規模を気にされる方もいるでしょうが、起業すればその日からさまざまなお金の出入りがはじまります。従業員への給料支払いも発生します。正しい税金を支払う為にも会社設立した暁には、税理士とタッグを組むことが大事だと考えます。

また、出来立てホヤホヤの新会社では信用を得ることがまず難しいことです。銀行からの融資にも謄本を提出しただけでは、誰も融資をしてくれません。しかし、わが社には税理士がいることがアピールできれば、「それならばお貸ししましょう」と信頼してもらえることも多くあります。

税理士事務所には、毎月の手当が発生しますが、新会社設立の場合には、初期費用を安く抑えましょうと低価格で依頼を受けてくれる事務所もありますので、インターネットなどで色々と調べてみるといいでしょう。会社設立代行を有効的に活用して、無駄な費用がでないように税理士にまずは相談しましょう。

Writen by 管理人